酵素風呂

酵素風呂の入り方で気を付けたいこと

お風呂セット

様々なメリットのある酵素風呂ですが、正しい入り方をしないと効果が小さくなってしまったり、体調を崩す原因となったりする場合があります。
酵素風呂に入る上で気を付けたい点を確認しましょう。

食後すぐに入らないこと

食後は、食べ物を分解するために胃や腸が活発に働き、血液が胃腸に集中します。
酵素風呂入浴中・入浴後は血液の循環が活発になるため、胃腸に集中するはずの血液が体中を循環してしまい、胃腸の働きを鈍くしてしまいます。
場合によっては、消化不良になってしまうこともあるので、食後すぐの入浴は避けるようにしましょう。
最低でも食後30分から1時間程度は入浴を控えるべきです。

体調が悪い場合は入浴しない

酵素風呂は、高い温熱効果と発汗作用が特徴です。
そのため、体調不良の時に入浴すると体の変化が負担となり、体調が悪化してしまうことがあります。
その他、化膿・出血している傷がある場合や感染症にかかっている場合、妊娠中、生理中の場合も入浴することができません。

入浴前後は水分補給を忘れずに

酵素風呂に入浴している間は多量の汗をかきますし、発汗作用は入浴後も続きます。
脱水症に陥るリスクを避けるため、入浴の前後にしっかりと水分を補給しなければなりません。
また、入浴前にしっかりと水分補給しておくことで、発汗作用をさらに高め、高いデトックス効果を得られるようになります。
安全・効果的に入浴するためにも、しっかりと水分補給を行いましょう。