酵素風呂

酵素風呂の正しい入り方を覚えよう! 

美容や健康に良いと言われている酵素風呂は、ダイエットにも良いと言われており、多くの女性から人気を集めています。
酵素風呂に入ることで今までの体調や症状が緩和されたという事例もあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

酵素風呂に入ることによってどのような効果があるのか、その他好転反応や入浴する上での注意点も気になるところです。
酵素風呂を利用してみたい方は、入浴前に以下の記事を参考にしてみてください。
酵素風呂の効果をさらに高めるためには、正しい入浴方法を理解しておくことも大切です。
まず、酵素風呂を利用する前に正しい入り方について見ていきましょう。

入浴前は水分補給とトイレを忘れずに

酵素風呂に入ると大量の汗をかくので、入浴前には必ず水分をとるようにしてください。
入浴中に水分が不足してしまうと、脱水症状を起こす危険性があります。
たっぷり水分補給をしてから入浴することをおすすめします。
そして、トイレを済ませておくことも大切です。
入浴途中に出てしまうと効果が出にくくなってしまうので、万全の状態を作っておくようにします。

女性は、メイクを落とすことも忘れないでください。
メイクをしている状態は、毛穴や汗腺が塞がれてしまうので思うように発汗できなくなってしまいます。
汗と一緒に毒素などを体外に排出できなくなるため、必ずすっぴんで入るようにしましょう。
酵素風呂のあるサロンや施設によっては、メイク落としなどが常備しているところもあるので、確認してみてください。

酵素風呂専用の服装に着替えよう

全て準備が整ったら酵素風呂専用の格好になります。
入る服装については、専用の作務衣などが用意されているところもあれば、紙ショーツのみの着用というところもあり、各サロンによって異なります。

基本的には、着用している下着は全て脱ぐことになりますが、酵素が衣類に入り込んでしまうため専用の服装に着替えるのが一般的です。
希望すれば全裸で入浴できることもありますが、その場合は事前にスタッフに伝えておきましょう。
指輪やネックレスなどのアクセサリーや金属類は、外して入るのがルールです。

入浴中に気をつけるポイント

準備ができたら酵素風呂に入りますが、スタッフの方が掘ってくれた場所に横になる形で入ります。
ある程度自分でパウダー状のおがくずや糠をかけたら、スタッフが首から下まで埋まるようにしてくれるので横になって待ちましょう。

発汗作用をより促すために、鼻と口以外を残し頭までかけてくれるというサロンも少なくありません。
顔を覆うことによっ、て美肌や美白効果もあるのでおすすめしているサロンも多いです。
気になるところやもっとたくさんかけて欲しい箇所があれば、スタッフに伝えてください。

人によっては全身を覆ってしまうと火照りやすくなることもあるので、その場合は手先や足先を出してもらうとのぼせず快適に過ごすことができます。
熱いと感じた時に手や足を出してもらうこともできますが、苦しい状態を我慢しないようにしましょう。

入浴時間は10~15分くらい

酵素風呂は、個人差がありますが、だいたい5分くらいすると発汗してきます。
入浴時間は最長でも30分に留め、15分を2回に分けて入るようにしてください。
仰向けとうつ伏せを15分づつ交代で入る所もありますが、10~15分程度はそのままの状態で待ちましょう。

もちろん途中で気持ち悪い部分が出てきたりした時は、少し程度なら動いてもらっても大丈夫ですが、おがくずや糠が崩れて肌が露出しないように注意してください。
最初のうちはたった15分でも長く感じるかもしれませんが、時計がなく時間が確認できない場合はスタッフが来るまでそのままの状態を保ちます。

1度に12名程度の方が同時に入浴ができる関西最大級の米ぬか酵素風呂が大阪の富田林にあります。
こちらの米ぬか酵素風呂では、全身浴で体の芯から温まり、半身浴で多くの汗を放出できる満足感のある入浴プランを提供しています。
大阪の米ぬか酵素風呂なら、こちらのお店がオススメですよ。